仕事中ずっとしゃべってる人の心理 – 私の経験から見えてきたこと

未分類

仕事中ずっとしゃべり続ける人がいると、周りの人は気になって仕方がありません。私の職場にもそういう人がいて、最初は単なるおしゃべり好きだと思っていました。しかし、その人の行動を注意深く観察していくうちに、おしゃべりの裏に潜む心理的な要因が見えてきました。

自己主張と承認欲求

その人は自己主張がとても強く、自分の意見を絶対に通そうとする傾向がありました。会議の場でも、他人の話を無理やり遮って自分の発言の機会を作ることが多々ありました。おそらく、承認欲求が非常に高かったのでしょう。自分の話を聞いてもらえることで、周りから承認されている実感を得られたのかもしれません。自分の存在感を誇示したかったのだと思われます。話し続けることで、自分の価値を主張していたのかもしれません。

作業からの気晴らし

また、その人は仕事が単調で退屈だと感じていたようでした。長時間集中力が続かず、作業が手につかない代わりに、周りの人を巻き込んでおしゃべりを始めていました。おしゃべりをすることで、一時的に気を紛らわせ、作業から逃れる口実を作っていたのかもしれません。退屈な作業から解放されたい気持ちが強かったのでしょう。おしゃべりによって、気分転換を図っていたのかもしれません。

人間関係への不安

さらに、その人は人間関係に不安があり、おしゃべりを通して他者とつながりを保とうとしていた面もあったように思えます。自分の話を聞いてもらえることで、承認されている安心感を得ていたのだと推測します。人間関係が上手くいかず、おしゃべりによって他者との関係を維持しようとしていたのかもしれません。話し続けることで、人間関係の不安を紛らわせていたのかもしれません。

おしゃべりへの対処法

このように、ずっとしゃべり続ける人には、自己主張の欲求、作業からの気晴らし、人間関係への不安など、様々な心理的要因が潜んでいるものです。単に「おしゃべり好き」ではなく、その人なりの理由があることに気づかされました。おしゃべりの背景にある心理状態に目を向けることで、上手に対処する糸口が見えてくるはずです。例えば、承認欲求が強い人には適切な賞賛をすれば落ち着くかもしれません。

作業に集中できない人には、休憩時間を適切に設けるなどの工夫が必要でしょう。人間関係に不安がある人には、コミュニケーションの機会を設けることで安心感を持ってもらえるかもしれません。このように、おしゃべりの背景にある心理状態を理解することが、上手な対処につながるのです。

タイトルとURLをコピーしました